鳥栖経営研究会 公開例会

2020年 時流予測セミナー
~未来をつくる企業づくり~

鳥栖経営研究会は創設55年を数える歴史ある異業種交流団体であり、市内の経営者約40名を中心に例会・研修を通し、経営について学んでおります。今回は、当会の例会を一般の方にも参加いただけるよう、コンサルティング会社として国内最大手の㈱船井総合研究所にて最年少で執行役員、2019年4月退職時は専務取締役まで上り詰めた唐土 新市郎氏をお迎えし、公開例会とし開催致します。人材育成支援に定評がある同氏の講演は大変貴重な機会となりますので、是非ご参加ください。
 

日時

令和元年 11月21日(木)

時間

18:30~20:00

場所

鳥栖商工会議所
3階大会議室

講師

作家・講演家
元(株)船井総合研究所
専務取締役
唐土 新市郎

定員

60名 ※申込受付先着順

受講料

無料

主催

鳥栖経営研究会

最新刊
「肩書き「オレ」で生きていけ!」
(ディスカバー 21)

唐土 新市郎

(からつち しんいちろう)
作家・講演家  
元(株)船井総合研究所
専務取締役
 
 
元株式会社船井総合研究所 専務取締役。最年少で執行役員となる。
 
主な仕事は、社長専門アドバイザー。
毎回セミナーでは、爆笑と感動の渦を巻き起こす異色の元コンサルタント。
過去には、コンサルティング企業は150社、年商2,000万円の小さな会社から、年商1兆円の上場企業までアドバイスしていた。
特に、即効性のある売上アップ、集客力の強化には定評がある。特徴は「集客2倍、売上1.5倍」で、いつでもどこでも誰にでも即実践できる仕事の好転スキルを伝授。
モットーは「100分考えて行動しないより、1分考えて行動すること」
 
著書は21冊著書は21冊
「社長はなぜ幸せになれないのか?」
「最高にハッピーな仕事がやってくる本」など多数
最新刊は、「肩書き「オレ」で生きていけ!」(ディスカバー21)がある。